KIZUNAYA.BIZ  ProtoSphere 週刊webマガジン eセカンドライフ ITQトレーニングセンター九州 バーチャルICTスクール ラーニング.net
メインメニュー
V-business : リアルとメタバースを使った講演会を開催
投稿者 : admin 投稿日時: 2009-03-26 18:29 (1215 ヒット)

 
 

 

リアルとメタバースを使った講演会を開催

(2009/03/26) 

「大分ITネットワーク社会研究会」(主催:大分合同新聞社)の3月定例講演会がリアルとメタバース(バーチャル会場)で開催されます。

「大分ITネットワーク社会研究会」は、大分合同新聞社に事務局があり、主な活動としましては、月に一度、
IT分野で活躍されている方を講師にお迎えしての講演会開催をはじめ、セミナー・フォーラムの開催、
高度情報化社会に関する個別相談などを行っています。
大分県内の企業、団体会員に、タイムリーで最新の話題を提供し、めまぐるしく進歩するIT化へ対応・参加するための研究、新たなビジネスモデルの模索、そして親睦の場として運営されています。

3月31日に開催される定例講演会は従来通りの会員企業参加の講演会に加え、テーマが
「メタバースで変わる地域の可能性を探る」ということで今回は特別にメタバース内
(セカンドライフ、Oita SIM)での参加もできるようになっています。

講演内容は「メタバースで変わる地域の可能性を探る」仮想空間は新しいステージへという演題で
レゾナント・ソリューションズ株式会社代表取締役CIO首藤完治(SecondLifeName:syusan Jun)が行います。
また、メタバース内からも三淵啓自氏(デジタルハリウッド大学院大学専任教授、メタバース協会常任理事)
にもメタバースの動向について話を伺う予定です。

講演の内容
インターネットの利用が一般的となった今、新たな動きとしてこの数年で仮想空間、仮想世界(メタバース)
というサービスが急増してきています。この動きはマルチバースという形で進化し始めています。
ネット世代といわれる若年層に限らず、パソコン、携帯電話でブログ、SNSを使いインターネットで
コミュニケーションを行うこともめずらしい光景ではなくなってきています。
「セカンドライフ」のブーム的な加熱状態も終息し、現実世界をシミュレーションできる可能性を持つ
メタバースを、地域がどのように活用できるかをこの数年の取り組み、事例をもとに考えます。


開催日時、場所、申込方法(メタバース会場)
3月31日(火)13:30〜15:00
「セカンドライフ」内Oita SIM (
http://slurl.com/secondlife/Oita/219/97/62


講演は終了しました。

定員30名になり次第、締切とさせていただきます。
メタバース内開催、講演会に関するお問い合わせは以下までお願いいたします。
 
レゾナント・ソリューションズ株式会社:ITQ(ICTトレーニングセンター九州)セミナー事務局
[mail] 
itq@resonant-sol.jp [TEL]  (097)503-6622 [FAX]  (097)503-6616 

 
直接メールにての参加申し込みも可能です。
・メール宛先:
itq@resonant-sol.jp
・メールタイトル: 大分ITネットワーク社会研究会(メタバース内参加申し込み)
※セカンドライフアバターネーム [                    ]
※メールアドレス [          @          ] 
※氏名 [                  ]
※所属企業、団体名 [                  ]

 を記入してメールを送って下さい。※は必ず入力をお願いします。

 

※お寄せいただきました個人情報は、レゾナント・ソリューションズ株式会社が収集、管理し、
【本講演会に関するご案内が必要な場合の連絡】のために使用します。