KIZUNAYA.BIZ  ProtoSphere 週刊webマガジン eセカンドライフ ITQトレーニングセンター九州 バーチャルICTスクール ラーニング.net
メインメニュー
V-business : SLCレゾナント開校のお知らせ
投稿者 : admin 投稿日時: 2008-01-11 11:31 (1821 ヒット)

 
 


 

セカンドライフ内ICT教育施設、SLC(セカンドライフカレッジ)レゾナント開講のお知らせ (2008/1/11)

 

 レゾナント・ソリューションズ株式会社(本社:大分県大分市、代表取締役社長:首藤完治、以下レゾナント)は米リンデン・ラボ社が提供する3D 仮想世界サービス「セカンドライフ」内の自社運営ICT教育施設、「セカンドライフカレッジ・レゾナント」以下「SLCレゾナント」で株式会社「Newton」のTLT教材を使用した、国際コミュニケーション科TOEIC Aコース(450点取得可)及びBコース(750点取得可)受講生の募集を開始し、今年2月より開講します。

SLCレゾナントの講座の特徴として、3D仮想世界サービス「セカンドライフ」を活用したリアルタイム、オンライン型での集合教育が出来るところです。
受講者は普段は会う事のない全国様々な学生、社会人の受講生達と、同じ仮想空間内の教室に集まってコミュニケーションを取りながら学習でき、通常のe-ラーニングだけでは難しいモチベーションを「セカンドライフ」内での集合教育によって、学習、資格取得に対して維持できるような形での受講が可能になります。
 企業に勤める社会人も通常の勤務を行いながら、学生は日中学校に通い、夜はSLCレゾナントの教室で全国の学生や社会人といっしょに、実際の学校のように「セカンドライフ」内のイベント参加や企画、レクレーション等も行えます。
 また、専用のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)によりオフラインでのコミュニケーション、サポートも行われます。
「セカンドライフ」では海外での交流も簡単にできるため、英語でのコミュニケーションを取る機会が多く、日常的にコミュニケーションのツールとしての英語が必要とされます。
 SLCレゾナントでは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストであるTOIECを学び、習得する事で、コミュニケーションのツールとしての英語を使えるようになり、それをセカンドライフでの実践する事で『使える英語』が出来るようになります。

 

TOEIC Aコース(定員10名)

【こんな人におすすめ!】:TOEIC 450点以上、TOEIC Bridge150点以上を目標にする方

TOEIC Bコース(定員10名)

【こんな人におすすめ!】:TOEIC 750点以上を目標にする方
 

『01月11日ニュースリリース』

※詳しい情報はニュースリリースをご覧下さい。

 

【SLCレゾナント】

   

『Ginza SIM SLCレゾナント』

※SLURLをクリックすると地図が表示されます。
【Teleport NOW】をクリックしてください。