KIZUNAYA.BIZ  ProtoSphere 週刊webマガジン eセカンドライフ ITQトレーニングセンター九州 バーチャルICTスクール ラーニング.net
メインメニュー
e-business : 地域医療支援病院、医師会向けケータイ対応ポータルパッケージのお知らせ
投稿者 : admin 投稿日時: 2008-09-10 19:16 (1997 ヒット)

 
 


「eストおおいた」画面

 

地域医療支援病院、医師会向けケータイ投稿対応
  エコ・ポータルパッケージのお知らせ

(2008/9/10) 

 

レゾナント社では、全国の地域医療支援病院、医師会、医療法人向けに「ネットで地球にやさしいエコ」をキャッチフレーズとしたオープンソース型、ケータイ投稿対応ポータルサイトパッケージでの構築支援サービスを9月10日より、自社Webサイトを通じて開始します。

 

★サービスについて

オープンソースCMS(※1)として国内で多くの導入実績のあるXoopsCube(※2)、Nucleus(※3)をベースにカスタマイズするパッケージで、携帯電話のカメラ機能を使った更新や管理が可能です。そのため、地域医療支援病院、医師会や医療機関、病院、診療所、関係教育機関等の専任のIT担当者(ホームページの作成や更新管理を行う者)がいなくても、診療や休日対応の案内、会員専用ブログを使って直接ホームページの作成やニュース提供、関連情報を専用のメニューから容易に行うことが出来るサービスです。

パッケージ名は「ニューブメディカルコムタウン」(略称メディカルコム)といい、地域医療支援病院、医師会等が容易にインターネット上に携帯電話を使っての(パソコンからでも可)診療科目、診療案内、休日対応案内、関係教育機関の募集情報の提供できるサービスということで医療(メディカル)、ニュース、ブログ、コミュニケーション、タウン(街)を併せた造語としてメディカルコムタウン名づけました。

今後、地域の医療機関もタイムリーな情報提供、診療案内や遠隔でのコミュニケーション、研修促進などで有効となるために、コスト的な問題の解決ができればこれから本格的に普及が進むとみています。

レゾナント社では9月10日よりサービスを開始するSNS(※4)やインターネット3次元(3D)仮想世界サービス「Second Life」と連携した、大分県大分市東地域の情報を提供するポータルサイト「eストおおいた(イーストおおいた)」(http://estoita.resonantstyle.com)で、この地域に生活する人たちや出張、観光で訪れる人に役立つグルメやショッピング、生活、地域情報の提供を開始しました。今後、順次開設する地域ポータルサイトと今回提供を行う「メディカルコムタウン」の連携で、身近な情報で地域の人に役立つパッケージとして低価格、短納期での提供を行っていきます。

今後は「メディカルコムタウン」に、SNS機能で携帯電話からも利用できる医療関係者コミュニティ構築サービスや、関係者しか利用できないインターネット独自仮想空間構築ができる「OpenSIM」(※5)を使った、バーチャル地域医療機関向け研修施設構築や、レンタルサービスによるリアルコミュニケーションに近い形の教育サービスも、順次提供を行う予定です。
導入価格は基本パッケージで40,000(税別)/月〜(リース導入)で行うことが出来ます。
 

    
      携帯電話からの情報投稿                  セカンドライフ バーチャル研修施設
 

★語句の補足

(※1) : CMS (Content Management System)
     コンテンツマネージメントシステムは、テキストや画像などのデジタルコンテンツを統合的に管理し、
     配信など必要な処理を行うシステムの総称。コンテンツ管理システムとも呼ばれる。
     (出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 )

(※2) : Xoops Cube
     コミュニティポータル構築用のオープンソースアプリケーション。
(※3) : Nucleus
      Webサイトに複数のブログを運営できるオープンソースなブログ向け(CMS)コンテンツ管理システム。
(※4) : SNS (Social Networking Service)
     ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは人と人とのつながりを促進・サポートするコミュニティ型の
     会員制のサービスと定義される。あるいはそういったサービスを提供するWebサイトも含まれる。
     (出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 )
(※5) : OpenSIM
     セカンドライフ(Second Life)のような、3D仮想空間サービスを構築できるオープンソースの仮想空間
     構築サーバーソフトウェアです。セカンドライフ、クライアントソフトで利用できることもあり、注目されて
     いる3D仮想空間オープンソースプロジェクト。セカンドライフは、米リンデン・ラボ社が2003年に提供を
     開始したインターネット上における3D仮想世界サービスで、既に登録者が1,200万ユーザIDを超える
     (平成20年5月現在)など、米国を中心に利用ユーザ数が急激に増加中。
     早稲田大学、法政大学等でもセカンドライフ内でバーチャルキャンバスを開設。

 

【リリース詳細記事はこちら】

 

【大分市東地域の情報ポータルサイト eストおおいた】

 

【自社運営Oita SIM(区域)にテレポート】

 ※SLurlをクリックすると地図が表示されます。

【teleport now】をクリックしてください。